先日発表したUCIプロチーム5チームに追加で、UCIプロチーム2チームとUCIプロコンチネンタルチーム2チームの出場が決定しました!

新しく参加チームに加わったUCIプロチームは、キャノンデール・プロサイクリングとティンコフ・サクソ。キャノンデールはスプリンターでクラシックレースにも強いペーター・サガン、2012年ジャパンカップ勝者のイヴァン・バッソらが所属しています。この2人は2012、2013年と連続で本大会に出場しており、今季も出場すればそれぞれクリテリウムとロードレースの優勝争いに絡んでくることでしょう。

ティンコフ・サクソはエースに3大ツール全ての総合優勝を果たしているアルベルト・コンタドールを据えた強力なチーム。2012年ジャパンカップ3位で、本年のツール・ド・フランスにおいて山岳賞を獲得したラファル・マイカが所属。残念ながら優勝取消とはなりましたが、昨年のジャパンカップで独走でゴールに飛び込んだマイケル・ロジャースも、ジロとツールのステージ優勝を果たすなど活躍しています。過去には2009年にクリスアンケル・セレンセンがジャパンカップ優勝、2012年にはヤロスラフ・マリチがクリテリウムに勝利しています。

2012年ジャパンカップ覇者のイヴァン・バッソ(イタリア、キャノンデール・プロサイクリング)2012年ジャパンカップ覇者のイヴァン・バッソ(イタリア、キャノンデール・プロサイクリング) (c)Kei TSUJIツール・ド・フランス2014で山岳賞を獲得したラファル・マイカ(ポーランド、ティンコフ・サクソ)ツール・ド・フランス2014で山岳賞を獲得したラファル・マイカ(ポーランド、ティンコフ・サクソ) (c)Makoto AYANO

2012年ジャパンカップの表彰台に登るバッソとマイカ2012年ジャパンカップの表彰台に登るバッソとマイカ (c)Makoto.AYANO
UCIプロコンチネンタルチームからはドラパックプロサイクリングとノボ ノルディスクが出場。このチームは投資会社ドラパックをメインスポンサーにして活動しており、日本のUCIレースでもおなじみの存在です。2010年クリテリウムではトーマス・パルマーが強豪スプリンターを抑えて優勝、今年もウィリアム・クラーク、ワウテル・ウィッパートらがツール・ド・熊野で3つのステージを制するなど活躍しています。

ノボ ノルディスクは、チームメンバー全員が1型糖尿病患者から構成されている世界初のアマチュアチームとして2006年にアメリカで設立。2008年にチームタイプ1としてUCIコンチネンタルチーム、2011年にはプロコンチネンタルチーム登録。昨年から糖尿病ケアの世界的リーディングカンパニーである、デンマークのノボ ノルディスク社をスポンサーに迎え現在に至っています。ブエルタ・ア・エスパーニャの完走経験もあるハビエル・メヤスらが所属しています。

日本でおなじみのドラパックプロサイクリング。今年もツール・ド・熊野2014第1ステージなどを制している日本でおなじみのドラパックプロサイクリング。今年もツール・ド・熊野2014第1ステージなどを制している (c)Hideaki TAKAGIジャパンカップ初出場となるノボ ノルディスクジャパンカップ初出場となるノボ ノルディスク (c)Cor Vos

本年度参加のUCIプロチームは7チームとなり、これで全チームが出揃ったことになります。国内コンチネンタルチームについてはツール・ド・北海道終了時点でのポイントランキングにより決定されます。もうしばらくお待ちください。