ビッグフラッグ、ミュージアムオープン―。大会開催の当月を迎えた10月1日(土)、宇都宮市の中心市街地がジャパンカップ色に染まり、機運が高まってきました。そんな宇都宮市の中心市街地をレポートしていきます。

ジャパンカップミュージアム

オリオンスクエアからすぐの下野新聞NEWS CAFE内にはジャパンミュージアムが設けられていますオリオンスクエアからすぐの下野新聞NEWS CAFE内にはジャパンミュージアムが設けられています
まずは、下野新聞NEWS CAFE内に設けられた「ジャパンカップミュージアム」! 赤いタイトルバナーの入口をくぐると、オフィシャルグッズ販売コーナーが設けられています。オンラインストアでは販売されていないグッズも販売していました。初日の販売で人気だったのは、リストバンドとTシャツだったそうです。
 
1階で営業しているカフェでは、ミュージアム期間中にジャパンカップオリジナルメニュー2種が味わえます。どちらも栃木県を代表するおいしいフルーツを使用したドリンクとなっています。また、ドリンクなどを購入された人には「ジャパンカップサイクルロードレース検定」のクイズが書かれたトレーシートが配布されます。“我こそジャパンカップマニア”という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

そして奥には巨大なファビアン・カンチェラーラ選手(トレック・セガフレード)のパネルが! サイン入りジャージや昨年のジャパンカップでの勇姿をおさめたパネル展示等、ファンには必見です。

右:ジャパンカップクリテリウムスペシャルドリンクいちごミルク(ノンアルコール)税込380円/左:ジャパンカップサイクルロードレーススペシャルドリンク梨サワー(ノンアルコール)税込380円右:ジャパンカップクリテリウムスペシャルドリンクいちごミルク(ノンアルコール)税込380円/左:ジャパンカップサイクルロードレーススペシャルドリンク梨サワー(ノンアルコール)税込380円 オフィシャルグッズ販売コーナーやカンチェラーラコーナーなどが設置された店内オフィシャルグッズ販売コーナーやカンチェラーラコーナーなどが設置された店内

2階に上がると、過去のジャパンカップの様子をおさめた写真パネルが展示されています。特に、25年の歴史を振り返るビッグサイズの年表は目を引きます。また、過去の公式プログラムも置いてありますので、昔を懐かしんでください。

25年の歴史を振り返るビッグサイズの年表が飾られています25年の歴史を振り返るビッグサイズの年表が飾られています

ジャパンカップミュージアム

●場所:下野新聞NEWS CAFE 1F・2F
 宇都宮市江野町8-12(オリオンスクエア隣) TEL:028-637-8111
●営業時間:10月1日(土)~22日(土) 平日9:00~19:00、土日祝 8:00~19:00
 ※21日(金)、22日(土)は21:00まで営業
 ※11日(火)は休館日



ミュージアムから一歩外に出ると、宇都宮市中心市街地に位置するオリオン通りがジャパンカップの赤一色に染まっています。毎年恒例となったビッグフラッグや小フラッグ、夜には商店街を照らす蛍光板部分もジャパンカップに模様替えされ、宇都宮を訪れた際には一見の価値ありです。大会最終日の10月23日(日)までの掲示となっておりますので、お早めにどうぞ。

ビッグフラッグ等がオリオン通りを彩るビッグフラッグ等がオリオン通りを彩る ミュージアムの壁面にもジャパンカップの巨大看板がミュージアムの壁面にもジャパンカップの巨大看板が

レッドゾーン

オリオン通り沿いには、一際目を引く赤いストアがオープンしています。地元宇都宮ブリッツェンの期間限定オフィシャルショップ「RED ZONE 2016」も本日オープン! 昨年に引き続き、人気少年漫画「弱虫ペダル」とコラボレーションし、宇都宮ブリッツェンのチームカラーと同じ赤色をトレードマークとする人気キャラクター「鳴子章吉」が店舗を彩ります。Tシャツやフェイスタオル等グッズでもコラボレーションしています。

また、今年のツール・ド・北海道で個人総合優勝を飾った増田成幸選手が獲得した優勝トロフィーやチャンピオンジャージも展示されています。

開店前、グッズを求めてできる列開店前、グッズを求めてできる列 チームの今シーズンを振り返る写真パネル展示チームの今シーズンを振り返る写真パネル展示

宇都宮ブリッツェン期間限定オフィシャルショップ『THE RED ZONE 2016』

住所:〒320-0802 栃木県宇都宮市江野町 3-10 竹川ビル 1F
営業期間:10月1日(土)~10月23日(日)
営業時間:平日11:00〜20:00 土日10:00〜20:00
※10月21日(金)~23日(日)は10:00〜21:00

ラファ

同じくオリオン通りには、サイクルウェアブランド・Raphaの期間限定ポップアップストアも1日にオープン! 店内は那須塩原市在住の料理研究家でサイクリストの越石直子さんが2017年2月宇都宮にオープン予定の「Velo Café」が一足先にポップアップストア入り。コーヒーやドリンクなどを提供します。

Rapha POP STORE UTSUNOMIYARapha POP STORE UTSUNOMIYA 店内にはVelo Cafeやハーマンミラーのラウンジも店内にはVelo Cafeやハーマンミラーのラウンジも

また、世界中のサイクリストとリアルタイムで繋がるインドアサイクリングコミュニティも「Zwift」を2台常設。期間中は宇都宮ブリッツェン増田成幸選手の記録にチャレンジするタレント発掘企画の「JrIDE PROJECT」を準備しています。さらに、ハーマンミラージャパン及び宇都宮ハーマンミラー正規取扱い店舗であるVanillaのコラボレーションのもと、スペシャルなラウンジスペースを設置。ジャパンカップ開催中はチームスカイのメンバーも頻繁にくつろぎに来ることでしょう。

Rapha Pop Up Utsunomiya

栃木県宇都宮市江野町7-5(オリオン通り)
TEL.028-680-5911
営業期間:10月1日(土)~23日(日)
営業時間:日曜~金曜11:00~19:00、土曜11:00~20:00
10月21日(金)11:00~21:00、10月22日(土)9:00~21:00
定休日:水曜



また、ルコックスポルティフも10月15日(土)~10月23日(日) 、宇都宮にPOP UP SHOPを限定オープンします。同社がジャパンカップに合わせて期間限定ショップをオープンさせるのは初めてで、サイクリングウェアやシューズのほか、限定Tシャツの販売も予定しています。オープンが待ち遠しいですね。

le coq sportif POP UP STOREのフライヤーle coq sportif POP UP STOREのフライヤー

JR宇都宮駅・パルコ

JR宇都宮駅2階構内にある宇都宮市観光案内所には、ジャパンカップの告知パネルが設置され、新幹線や在来線を使用し宇都宮を訪れた方々をお出迎えします。

また、ジャパンカップクリテリウムのスタートフィニッシュ地点の二荒山神社前にある宇都宮PARCOにも、ジャパンカップの巨大な壁面広告がお目見えしました。

JR宇都宮駅2階構内にある宇都宮市観光案内所にはジャパンカップの告知パネルが設置されましたJR宇都宮駅2階構内にある宇都宮市観光案内所にはジャパンカップの告知パネルが設置されました 宇都宮PARCOにもジャパンカップの巨大な壁面広告がお目見え宇都宮PARCOにもジャパンカップの巨大な壁面広告がお目見え

今年は25回の記念大会となるジャパンカップ。開催まで1カ月を切り、中心市街地や宇都宮森林公園はもちろん、市内のさまざまな場所で国内外のサイクルファンをお出迎えする準備が進められています。
ジャパンカップ公式グッズの一部商品は10月上旬から、セブン・イレブンの宇都宮池上店、宇都宮大工町店、宇都宮馬場通り店、宇都宮駅前店、宇都宮宇商通り店、宇都宮森林公園入口店、宇都宮岩原町店の市内7店舗でも販売されます。

ぜひ、ジャパンカップに向けて盛り上がる宇都宮にお越しいただき、開幕前の雰囲気も存分に満喫ください。