ジャパンカップファン専用の直通列車「ジャパンカップトレイン」が21日、東武鉄道の浅草駅~東武宇都宮駅間で初めて運行され、北海道から九州までのサイクルファンの方々約100名が宇都宮に到着しました。

ジャパンカップトレインは14:10に浅草駅を出発し、16:00に東武宇都宮駅に到着しました。車両内はジャパンカップのポスターや赤色のコーステープで装飾され、ジャパンカップムードに。乗車された方々は早速、乗車特典の公式プログラムを広げながら、21日夜のチームプレゼンテーションや22日のクリテリウム、23日の本戦を楽しみにしていました。

浅草駅正面口で受付をしました浅草駅正面口で受付をしました ジャパンカップの赤色のコーステープで装飾された車内ジャパンカップの赤色のコーステープで装飾された車内

東武鉄道から特急スペーシアのピンバッジなどが配られました東武鉄道から特急スペーシアのピンバッジなどが配られました 輪行袋も座席に置いていただきました輪行袋も座席に置いていただきました

ジャパンカップトレインは、ジャパンカップの25回大会を記念し、大会の幕開けとなるチームプレゼンテーションに合わせて初めて運行しました。共通の乗車特典として、公式プログラム、オリジナル乗車証明書、宇都宮餃子加盟店食べ歩き券(500円分)、ろまんちっく村のクラフトビール(1本)の無料引換券、大会関連グッズが当たるお楽しみ抽選会の抽選券などをプレゼント。さらに「EXCELLENTコース」の方にはチームプレゼンテーションの特別観覧エリア入場権なども付きました。

都内から家族3人で参加された男性は「特典が魅力で参加しました。宇都宮では餃子も食べたいですね」と笑顔。お楽しみ抽選会でカンチェラーラ選手のサイン入り大会公式ジャンパーを当てた女性は「夢のようです。トレインはジャパンカップが始まるというワクワク感があってとても良かったですね」と話していました。

都内から参加された家族連れ都内から参加された家族連れ 追加特典として全員に配られた「スペーシアピンバッジ」と「茎めかぶ」追加特典として全員に配られた「スペーシアピンバッジ」と「茎めかぶ」

東武鉄道もジャパンカップトレインの運行を全面的にバックアップ。追加特典として、特急スペーシアのピンバッジが乗客全員に配られたほか、新栃木駅や東武宇都宮駅では、駅員などが手作りの横断幕でお出迎え。東武宇都宮駅の金子豊駅長は「初めての運行でしたが、皆さんに楽しんでいただけたのであればうれしい。きょうから3日間、ジャパンカップや宇都宮のグルメをぜひ楽しんでいただきたいですね」と話していました。

大会公式グッズなどが当たる「お楽しみ抽選会」大会公式グッズなどが当たる「お楽しみ抽選会」
特別観覧エリアでチームプレゼンテーションを楽しんでいただきました特別観覧エリアでチームプレゼンテーションを楽しんでいただきました
カンチェラーラ選手のサイン入り大会公式ジャンパーを当てた女性カンチェラーラ選手のサイン入り大会公式ジャンパーを当てた女性