8月20日、羽田空港内のホールで開催された2013ジャパンカップサイクルロードレースの記者発表会の当日の様子をお伝えします。出場チームと選手たちの発表に加え、弱虫ペダル原作者の渡辺航さんを交えてのトークショーなどを開催。その模様はムービーにも収録しています。

大会実行委員長の佐藤栄一宇都宮市長大会実行委員長の佐藤栄一宇都宮市長 弱虫ペダル原作者の渡辺航さん、佐藤栄一宇都宮市長、山田玲奈さん弱虫ペダル原作者の渡辺航さん、佐藤栄一宇都宮市長、山田玲奈さん (c)Makoto.AYANO


会場にズラリと並べられた出場チームのバイクとチームウェア会場にズラリと並べられた出場チームのバイクとチームウェア 羽田空港6階のギャラクシーホールを会場に開催されたジャパンカップ2013記者発表会。今年は今までで最高数となる7つのUCIプロツアーチームが出場するとあって大きな注目を集め、会場には多くの報道関係者が詰めかけた。一般のブロガーを事前公募にて招待する試みも例年どおり行われ、今年は10人のブロガーが列席した。

会場の脇には、今年出場を決めたUCIプロチームの駆るバイクとチームジャージがずらりとディスプレイされ、華を飾った。

会は大会実行委員長の佐藤栄一宇都宮市長の挨拶で開場。「昨年は2日間で約12万人の観客の皆さんに観戦していただいた。今年も多くの自転車ファン、様々な方に自転車の魅力と世界に発信できる自転車のまち・宇都宮の良さを知っていただきたい。」などとアピールした。

栗村修さん、渡辺航さん、山田玲奈さん、今中大介さんによるトークショー栗村修さん、渡辺航さん、山田玲奈さん、今中大介さんによるトークショー (c)Makoto.AYANO

続いて日本自転車競技連盟副会長の大島研一氏の挨拶の後、宇都宮ブリッツェン監督の栗村 修さんと大会オブザーバーの今中大介さん(インターマックス代表)によって出場チームと現在出場が決まっている選手たちの名前が発表された(※)。
※出場チームと選手たちについてはこちらの発表記事を参照してください。

その後、今回のジャパンカップとコラボレーションしてくれる漫画「弱虫ペダル」の原作者、渡辺 航さん(漫画家)と、大会サポーター・山田玲奈さんが登壇。今中大介さん、栗村修さんらとトークショーを繰り広げた。

弱虫ペダル原作者の漫画家の渡辺航さん弱虫ペダル原作者の漫画家の渡辺航さん 大会オブザーバーの今中大介さん(インターマックス代表)大会オブザーバーの今中大介さん(インターマックス代表)
自身もトライアスリートだという大会サポーターの山田玲奈さん自身もトライアスリートだという大会サポーターの山田玲奈さん 宇都宮ブリッツェン監督の栗村 修さん宇都宮ブリッツェン監督の栗村 修さん


ジャパンカップ×弱虫ペダル コラボサイクルジャージ姿で登場した渡辺さん。初お披露目となったこのジャージは、今年のポスターにもなっている主人公の小野田坂道が所属する総北高校のチームジャージをアレンジしたもの。胸にはジャパンカップのロゴが、そして背中にはコース図が描かれている。

普段から熱心なサイクリストである渡辺さんは、ジャパンカップとのコラボについて気持ちを聞かれると、「もともと以前からジャパンカップを観に行っていたので、大会実行委員会から今回のコラボレーションの話をいただいたときには『ついにここまで来たか』と喜びました」などと話した。

自身トライアスリートでもある山田玲奈さんは、司会や実況ゲストととして大会に参加する。ツール・ド・フランスを観て自転車の魅力にはまった山田さんは、今までJ SPORTSのツール・ド・フランス放送のゲストなどをつとめたことがあるが、今年のジャパンカップで念願の初観戦が叶うことを楽しみにしている様子だ。
「TVでお馴染みのあの海外選手たちが目の前で走るのを生で観られること、日本の選手たちの健闘にも期待したい」と期待の気持ちを語った。

JALキャビンアテンダントがジャパンカップ特別キャンペーンを紹介JALキャビンアテンダントがジャパンカップ特別キャンペーンを紹介 都内で開催された選手発表記者会見都内で開催された選手発表記者会見 (c)Makoto.AYANO


このトークショーの模様は記者発表会ムービーの後半にすべて収録されています。お楽しみに。