本年で24回目を迎える「ジャパンカップサイクルロードレース」では、ロードバイクや自転車競技の文化を支え、1990年の世界選手権から始まったこの息吹を大きく育て、「自転車のまち宇都宮」から多くの有力選手を輩出してきました。今後も2020年東京オリンピックや2022年栃木国体等で活躍する将来有望な人材に対して、大会を通じて支援・応援をしていきたいと考えております。

そこで本大会から、国際的な華やかな舞台であり、テレビによる生中継も行われる「ジャパンカップクリテリウム」にて、有望若手ライダー達に5万人の大観衆の中で走る喜びと名誉を感じてもらえるよう「ジャパンカップホープフルクリテリウム」を新たに開催させて頂きます。

「ジャパンカップホープフルクリテリウム」は、10月17日(土)14:40から宇都宮市大通り周回コースにて開催されます。レーススタートは14:45。今季インターハイ個人ロードレースで優勝した渡辺歩選手や、全日本タイムトライアルU17優勝の小野寺慶選手ら19名の若手ライダー達が、4.65km(1周1.55km×3周)のコースで熱戦を繰り広げます。皆さんの熱いご声援をお送りください。

インターハイ優勝の渡辺歩(学法石川高)インターハイ優勝の渡辺歩(学法石川高) photo:Hideaki TAKAGI全日本TT2015 U17チャンピオンの小野寺慶(ブラウブリッツェン)全日本TT2015 U17チャンピオンの小野寺慶(ブラウブリッツェン) photo:Hideaki TAKAGI

ホープフルクリテリウム 出場選手

1 渡辺 歩(学校法人石川高校)
2 石井 駿平(群馬県立前橋工業高校)
3 天春 雄也(暁高校)
4 小嶋 健太(金沢高校)
5 小野 寛人(横浜高校)
6 鴨澤 滉人(栄北高校)
7 渡辺 慶太(埼玉県立浦和工業高校)
8 山本 真寛(八戸工業大学第一高校)
9 尾形 尚彦(南光学園東北高校)
10 溝口 智貴(京都府立北桑田高校)
11 新城 銀二(沖縄県立八重山高校)
12 堀込 統吾(青森県立八戸工業高校)
13 植益 和行(興國高校)
14 谷田貝 将弥(作新学院高校)
15 眞杉 匠(作新学院高校)
16 小松 大悟(作新学院高校)
17 宮田 佳樹(栃木県立真岡工業高校)
18 関原 佑祥(栃木県立今市工業高校)
19 小野寺 慶(ブラウブリッツェン)