「2016ジャパンカップサイクルロードレース」に出場する海外チームのうち、8チームが決定しました。

世界トップカテゴリーのUCIワールドチームからは、昨年のジャパンカップクリテリウムで別府史之、ロードレースでバウケ・モレマが優勝し、ジャパンカップ完全優勝を達成した「トレック・セガフレード」をはじめ、4年ぶりの出場となる「オリカ・バイクエクスチェンジ」、日本のロードレースファンにも馴染みのあるドラパック社を今夏サブスポンサーに迎えた「キャノンデール・ドラパックプロサイクリングチーム」、ツール第6ステージの敢闘賞獲得も話題の新城幸也が今季加入した「ランプレ・メリダ」。これらのグランツールで活躍する強豪5チームが参戦します。

昨年のロードレースでバウケ・モレマが優勝したトレック。今年はセカンドスポンサーにセガフレードが加わり、トレック・セガフレードとして走る昨年のロードレースでバウケ・モレマが優勝したトレック。今年はセカンドスポンサーにセガフレードが加わり、トレック・セガフレードとして走る photo:Makoto.AYANO
2015ジャパンカップクリテリウムを制した別府史之(現トレック・セガフレード)2015ジャパンカップクリテリウムを制した別府史之(現トレック・セガフレード) photo:Kei Tsuji7月7日、ツール・ド・フランス2016第6ステージで逃げ、敢闘賞を獲得した新城幸也(ランプレ・メリダ)7月7日、ツール・ド・フランス2016第6ステージで逃げ、敢闘賞を獲得した新城幸也(ランプレ・メリダ) photo:Makoto.AYANO

また、UCIプロフェッショナルコンチネンタルチームからは、2015全日本チャンピオンの窪木一茂、今年ジロ・デ・イタリアを完走した山本元喜など多くの日本人選手が所属する「ニッポ・ヴィーニファンティーニ」と、3年連続3度目の出場となる「チーム・ノボ ノルディスク」の2チーム。海外UCIコンチネンタルチームは、既報の通り台湾の「アタッキ・チーム・グスト」が2年連続出場します。

第25回記念大会にふさわしい海外勢がそろい、例年にも増してより激しく、より熱いレースが期待されます。

※UCIワールドチーム残り1チームにつきましては、決定次第発表いたします。


総合力に秀でたBMCレーシングチーム。ツール・ド・フランス2016第5ステージではグレッグ・ファンアフェルマート(ベルギー)がステージ優勝を果たしている総合力に秀でたBMCレーシングチーム。ツール・ド・フランス2016第5ステージではグレッグ・ファンアフェルマート(ベルギー)がステージ優勝を果たしている photo:Kei Tsujiサイモン・ゲランス(オーストラリア)らが所属する、オリカ・バイクエクスチェンジサイモン・ゲランス(オーストラリア)らが所属する、オリカ・バイクエクスチェンジ photo:Makoto.AYANO

今夏ドラパック社をサブスポンサーに迎えたキャノンデール・ドラパックサイクリングチーム今夏ドラパック社をサブスポンサーに迎えたキャノンデール・ドラパックサイクリングチーム photo:Makoto.AYANOジロ・デ・イタリア2016完走を果たした山本元喜らが所属するNIPPOヴィーニファンティーニジロ・デ・イタリア2016完走を果たした山本元喜らが所属するNIPPOヴィーニファンティーニ photo:Kei Tsuji

3年連続出場となるチーム・ノボ ノルディスク3年連続出場となるチーム・ノボ ノルディスク photo:Makoto.AYANO台湾からはアタッキ・チーム・グストが2年連続の出場台湾からはアタッキ・チーム・グストが2年連続の出場 photo:Makoto.AYANO



出場決定チームリスト(2016年7月8日時点)


UCIワールドチーム(6チーム中5チーム)

・TREK - SEGAFREDO [USA]
・BMC RACING TEAM [USA]
・CANNONDALE - DRAPAC PRO CYCLING TEAM [USA]
・LAMPRE - MERIDA [ITA]
・ORICA - BIKE EXCHANGE [AUS]
・決定次第発表

UCIプロフェッショナルコンチネンタルチーム(2チーム)

・NIPPO - VINI FANTINI [ITA]
・TEAM - NOVO NORDISK [USA]

UCIコンチネンタルチーム(1チーム)

・ATTAQUE TEAM GUSTO [TPE]