10月になり、ジャパンカップサイクルロードレースが開催される輪都・宇都宮が盛り上がりを見せ始めました。

県外からの観戦客の多くを迎え入れるJR宇都宮駅。その2階に設置される宇都宮市観光案内所の装飾もジャパンカップ仕様となりました。

また、中心市街地のアーケード街・オリオン通りには恒例のビッグフラッグが飾られたほか、ジャパンカップミュージアムが下野新聞NEWS CAFEがオープンしました。
JR宇都宮駅にある宇都宮市観光案内所の装飾もジャパンカップ仕様にJR宇都宮駅にある宇都宮市観光案内所の装飾もジャパンカップ仕様に
ジャパンカップのビッグフラッグがはためくオリオン通りジャパンカップのビッグフラッグがはためくオリオン通り
ジャパンカップミュージアム1階には、今回のジャパンカップが初来日となるアルベルト・コンタドール選手のパネルやフォトギャラリー、オフィシャルグッズの販売も行っています。コンタドール財団への募金箱も設置されました。

過去の出場チームのジャージがディスプレイされた階段の先には、昨年の熱戦の記憶が蘇るフォトギャラリーと、ロードレースのコースプロフィールなど観戦案内、昨年のクリテリウムが引退レースとなったファビアン・カンチェラーラの直筆サイン入りパネルなどが展示されています。

10月1日(日)にオープンしたジャパンカップミュージアム10月1日(日)にオープンしたジャパンカップミュージアム
昨年のジャパンカップのフォトギャラリーが設置されたジャパンカップミュージアム昨年のジャパンカップのフォトギャラリーが設置されたジャパンカップミュージアム 1階に展示されたアルベルト・コンタドール選手の等身大パネル1階に展示されたアルベルト・コンタドール選手の等身大パネル

大会スケジュールや観光・グルメ案内が記載された「JAPAN CUP まちなかガイド」大会スケジュールや観光・グルメ案内が記載された「JAPAN CUP まちなかガイド」 「JAPAN CUP まちなかガイド」の中面にはマップも「JAPAN CUP まちなかガイド」の中面にはマップも

中心市街地各所には、大会スケジュールや観光・グルメ案内が記載された「JAPAN CUP まちなかガイド」が設置されているので、ぜひ手にとって、宇都宮市を存分に楽しんでください。

まちなかガイドは、下記からもダウンロードできます。
ファイル 
添付サイズ
PDF icon まちなかガイド(PDF)1.44 MB