ジャパンカップの会場となっている宇都宮市森林公園が位置する大谷地区では、大会期間中にさまざまなサービスやイベントを実施します。レース観戦とあわせて、ぜひお越しください!

①【一般レース参加者限定】ゼッケン掲示で大谷資料館入場無料

大谷石(おおやいし)の元採石場の中で、その歴史や資料に触れられる施設、大谷資料館。今年も一般レース参加者の皆さんは、資料館受付でゼッケンを提示することで入場料が無料になります。

資料館内部の採掘跡は、幻想的で迫力があり、それだけで見る価値があります。この機会にぜひ訪れてみてください。

※2017年10月31日(月)までの期間限定サービスです。

大谷資料館


〒321-0345 栃木県宇都宮市大谷町909
TEL. 028-652-1232
開館時間 9:00〜17:00 (最終入館は16:30まで)
休館日 年中無休
※但し、12月29日~1月1日は閉館
※臨時休館の場合もありますので電話でご確認ください

⇒大谷資料館ホームページ

②第18回フェスタin大谷2017


ジャパンカップクリテリウム開催日である10月21日(土)に大谷資料館、大谷景観公園を会場に「第18回フェスタ in 大谷2017」が開催されます。

今年は、「石の里大谷で織り成す、音と光のファンタジー」をテーマに、大谷石採掘場跡の巨大な地下空間におけるプロジェクションマッピングや、大谷石壁面への色鮮やかなライトアップが行われるほか、ジャズの生演奏や飲食ブース、大谷石あかりの展示・販売、金魚すくいなどがあり、大人から子どもまで楽しめるイベントです。ぜひ「石の里・大谷」の夜の魅力を感じてみてください。

開催概要

【日時】2017年10月21日(土) 17:00~21:00
【場所】大谷資料館(住所:宇都宮市大谷町909)、大谷景観公園(住所:宇都宮市大谷町1224)
【主催】フェスタin大谷実行委員会

詳しくは、第18回フェスタin大谷2017のホームページをご覧ください。