第25回記念「2016ジャパンカップサイクルロードレース」が10月21日(金)のチームプレゼンテーションからいよいよスタートします。今年は「25th Excellentプロジェクト」と題して、ファンの皆さまにより楽しんでいただける様々な取り組みを行っています。

ジャパンカップのバナーで彩られた宇都宮市庁舎前ジャパンカップのバナーで彩られた宇都宮市庁舎前 その一環として記念大会では、クリテリウムコースが延伸するほか、今年は、市制120周年を記念してクリテリウムのパレードランが宇都宮市役所からスタートします。宇都宮市役所と栃木県庁を結ぶシンボル通りから、レース会場となる大通りに全選手が入場。宇都宮市役所を背景に世界のトップチームが入場することで、例年にも増してファンを魅了する機会を設けられました。

さらに今年のクリテリウムはファビアン・カンチェラーラ選手(トレック・セガフレード)の引退レースになるなど、話題も豊富です。ご来場のファンの皆さま是非とも観戦マナーを守り、アジア最高位のワンデーレースをお楽しみください。

また、22日(土)のクリテリウム、23日(日)の交通規制等の情報も公式ホームページに掲載しています。観戦の際は、ご確認のほどよろしくお願いいたします。