「2019ジャパンカップサイクルロードレース」海外出場チーム第4弾は、プロコンチネンタルの3チームを一挙発表です!

ジャパンカップでは毎年の常連となった、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネとチーム ノボ ノルディスクが今年も参戦。今季のNIPPOはジロでの初山翔の逃げや、ダミアーノ・チーマがもたらしたチームのグランツール初勝利が話題になりました。

そしてもう1チームは、初出場となるベルギーのワロニー・ブリュッセル。若手選手の育成に力を入れる勢いのあるチームが、ジャパンカップでどのような走りを見せるか、注目が集まります。

まだまだジャパンカップには多くの海外・国内チームが出場する予定です。今後も決まり次第発表していきますので、出場選手の発表とあわせてご期待ください!

ジロ・デ・イタリア2019でソロエスケープを決めた初山翔(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)ジロ・デ・イタリア2019でソロエスケープを決めた初山翔(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ) photo:Kei Tsuji
6度目のジャパンカップ出場となるチーム ノボ ノルディスク6度目のジャパンカップ出場となるチーム ノボ ノルディスク photo:Makoto.AYANO/cyclowired.jpセッティマーナ・コッピ・エ・バルタリ2019第1ステージで勝利したエミルス・リエピンス(ラトビア、ワロニー・ブリュッセル)セッティマーナ・コッピ・エ・バルタリ2019第1ステージで勝利したエミルス・リエピンス(ラトビア、ワロニー・ブリュッセル) photo:Cor Vos/cyclowired.jp