昨日の『クリテリウム編』に引き続き10月20日(日)ロードレース会場となる宇都宮市森林公園周回コース周辺のオススメポイントについてご紹介をしていきます!

ジャパンカップ名物の「古賀志林道上り坂」や「山頂」のほかにも、世界トップチームの走りを堪能できるポイントはさまざま。年によって観戦ポイントを変えてみるのも、さらにジャパンカップを楽しめるコツかも?!

事前にチェックし、当日、存分にエンジョイしてください。

ジャパンカップ コースマップジャパンカップ コースマップ

①ジャパンカップスペシャルキャラバン

レーススタート前に大会スポンサー等の車両がコースを1周し、ノベルティ等を配布する「ジャパンカップスペシャルキャラバン」を今年も開催します。

また、キャラバンでは大会の広報車も走らせ、レース観戦マナーの注意喚起も行います。安全なレース実施のため、観戦マナーの順守にご協力をお願いいたします。

レーススタート前に大会スポンサー等の車両がコースを1周しますレーススタート前に大会スポンサー等の車両がコースを1周します コース途中でノベルティ等の配布を実施コース途中でノベルティ等の配布を実施

開催日時

10月20日(日)8:50~9:45予定

停車・配布ポイント

①赤川ダム沿い
②旧釣堀周辺
③古賀林道上り坂・山頂
④県道入口交差点
ポイントは、当日の状況により変更になる場合がございます。

ジャパンカップ コース紹介ページへ

②県道入口交差点観戦ゾーン

手達が牧場から一直線に下りてくる様子から直角に県道に入るコーナーまで広く見渡せる「県道入口交差点」に観戦ゾーンを設けます。オフィシャルグッズやグルメも販売するほか、大型ビジョンを設置し、レースの様子をリアルタイムでご覧いただけます。

スタート/フィニッシュ地点とは一味違った観戦を楽しめることから、毎年多くのファンが集まるポイントでもあります。

選手達の走りを広く見渡せる「県道入口交差点」選手達の走りを広く見渡せる「県道入口交差点」 Photo:Makoto AYANO/cyclowired.jp大型ビジョンでレースの様子をリアルタイムに観戦出来ます大型ビジョンでレースの様子をリアルタイムに観戦出来ます

こちらで観戦する方には、今年より新設した「県立盲学校駐車」やその少し北に位置する「県立盲学校北駐車場」をご利用をおススメします。また、バイクラックも設置していますので、自転車での来場も可能です。

グルメ出店

焼きそば☆ばそきや

③田野町交差点 セブン・イレブン宇都宮森林公園入口店

セブン・イレブン宇都宮森林公園入口店に設定される観戦ポイントセブン・イレブン宇都宮森林公園入口店に設定される観戦ポイント ハイスピードで県道から直角に左折する選手達の走りをご覧いただけますハイスピードで県道から直角に左折する選手達の走りをご覧いただけます

メイン会場となる森林公園スタート/フィニッシュ地点へ向かう入口として、毎年多くの観客が利用している「セブン・イレブン宇都宮森林公園入口店」の駐車場に、観戦スペースをご用意いたします。こちらでは、選手たちがハイスピードで県道から直角に左折する圧巻の走りをご覧いただけます。

また、店舗では大会オフィシャルグッズの販売も行っていますので、レース前に立ち寄るのもいい場所です。

④ウェルカムフラワー

沿道のコスモスの間を駆け抜けるメイン集団沿道のコスモスの間を駆け抜けるメイン集団 Photo:Makoto AYANO/cyclowired.jp
ロードレース会場の地元城山地区の住民が、ジャパンカップのイメージフラワーとしてコスモスを育て、選手や観戦者の皆様ををおもてなしします。観戦の際には、咲き誇るコスモスにもぜひご注目ください。

実施主体

城山地区コミュニティ協議会

設置場所

田野町交差点付近

⑤SPRINTシート

スタートの瞬間や迫力あるゴールスプリントを楽しめますスタートの瞬間や迫力あるゴールスプリントを楽しめます 宇都宮市森林公園駐車場のスタート/フィニッシュ地点の目の前に設置する特設スタンド席「SPRINTシート」の当日券の販売を行います。「SPRINTシート」は、スタートの瞬間や迫力ある“ゴールスプリント”、また目の前のステージでの表彰式等も楽しめる立体観戦席です。

ぜひこの日限りの特等席で、第28代ジャパンカップ王者が決まる瞬間をご覧ください!

SPRINTシート

販売場所

SPRINTシート横受付テント

金額

11,000円

特典

●ロードレース・特設スタンド席観覧
●オリジナルミサンガ刺繍リストバンド
●オリジナル観戦グッズ「折りたたみシートクッション」

エキサイティングゾーンのページへ