アジア最高位の国際サイクルロードレース「ジャパンカップ」にふさわしく、今年最初のニュースは台湾から発信されました。

国内59の自治体や団体が出展した「日本の観光の物産博」国内59の自治体や団体が出展した「日本の観光の物産博」 (c)Japan Cup
ジャパンカップサイクルロードレース実行委員会会長を務める佐藤栄一宇都宮市長は6月27日、台湾・台北駅1階コンコース内で開催されている「日本の観光と物産博2015」で、今年のジャパンカップにイタリアのUCIプロチームの「ランプレ・メリダ」、台湾のコンチネンタルチーム「アタックチームガスト」の2チームが出場することを発表しました。

今年で3回目となる「日本の観光と物産博」は6月26日から28日まで3日間開かれ、日本全国から59の自治体や団体が出展しました。宇都宮市は台湾で人気のサイクリングをテーマとした「サイクリングプロモーションブース」に初出展しました。

多くの台湾市民らが見守る中で行われたPRステージ多くの台湾市民らが見守る中で行われたPRステージ (c)Japan Cupイベントステージで宇都宮市をPRする佐藤市長(左)イベントステージで宇都宮市をPRする佐藤市長(左) (c)Japan Cup

ジャパンカップの公式クリアファイルなどを配布したジャパンカップの公式クリアファイルなどを配布した (c)Japan Cup
宇都宮市のブースにはジャパンカップのポスターや森林公園周回コースの3Ⅾマップ、ガスト社製のロードバイクなどを展示。映像モニターでは昨年のジャパンカップの熱戦を伝えるDVDのほか、宇都宮大学の留学生らがロードバイクに乗って古賀志林道に挑戦したり、市内の観光施設を紹介したりする台湾語版のプロモーション映像も放映し、終日、多くの来場者でにぎわいました。

イベントステージに立った佐藤市長は「宇都宮にはギョーザ、カクテルやジャズなど自慢できるものがたくさんありますが、毎年10月にはジャパンカップサイクルロードレースが開催されます。世界中から13万人の方が宇都宮を訪れるアジア最高峰のレースです」と台北市民らにジャパンカップの素晴らしさをPRしました。

ロードバイクも展示された宇都宮市の展示ブースロードバイクも展示された宇都宮市の展示ブース (c)Japan Cupジャパンカップ観戦ツアーのモデルコースもチラシで紹介ジャパンカップ観戦ツアーのモデルコースもチラシで紹介 (c)Japan Cup