デジタルジャパンカップに出場する海外チームの選手が決まりました。

ワールドチームのバーレーン・ヴィクトリアス(バーレーン)からは、新城幸也、マテイ・モホリッチ(スロベニア)、ダミアーノ・カルーゾ(イタリア)がエントリーしました。

新城選手は東京2020オリンピックのロードレースに出場、デジタルジャパンカップは初出場になります。モホリッチは今年のスロベニアナショナルチャンピオンで、ツール・ド・フランス第7ステージでも優勝しています。ベテランのカルーゾは、今季のジロ・デ・イタリアで総合2位を獲得、注目選手が名を連ねてくれました。

新城幸也 / Yukiya ARASHIRO (日本 / JPN)新城幸也 / Yukiya ARASHIRO (日本 / JPN) ダミアーノ・カルーゾ Damiano CARUSO (イタリア / ITA)ダミアーノ・カルーゾ Damiano CARUSO (イタリア / ITA) マテイ・モホリッチ / Matej MOHORIČ(スロベニア / SLO)マテイ・モホリッチ / Matej MOHORIČ(スロベニア / SLO)

チーム・バイクエクスチェンジ(オーストラリア)からは2013年にジャパンカップで優勝したジャック・バウアー(ニュージーランド)、ジロ・デ・イタリア区間4勝などの戦績を収めているマイケル・マシューズ(オーストラリア)、2018ジャパンカップクリテリウム4位のロバート・スタナード(オーストラリア)の3名がエントリーです。

スイス籍のUCIコンチネンタルチームNIPPO・プロヴァンス・PTSコンチからは、岡篤志、織田聖が参戦、オンライン上での走りが注目されます。

今後も随時発表していきますのでお楽しみに。

ジャック・バウアー / Jack BAUER(ニュージーランド / NZL)ジャック・バウアー / Jack BAUER(ニュージーランド / NZL) マイケル・マシューズ / Michael MATTHEWS(オーストラリア / AUS)マイケル・マシューズ / Michael MATTHEWS(オーストラリア / AUS) ロバート・スタナード / Robert STANNARD(オーストラリア / AUS)ロバート・スタナード / Robert STANNARD(オーストラリア / AUS)

岡 篤志 / Atsushi OKA(日本 / JPN)岡 篤志 / Atsushi OKA(日本 / JPN) 織田 聖 / Hijiri ODA(日本 / JPN)織田 聖 / Hijiri ODA(日本 / JPN)

UCIワールドチーム

BAHRAIN VICTORIOUS (BHR)

MOHORIČ Matej(SLO)マテイ・モホリッチ
CARUSO Damiano(ITA)ダミアーノ・カルーゾ
ARASHIRO Yukiya(JPN) 新城幸也

TEAM BIKEEXCHANGE (AUS)

BAUER Jack(NZL)ジャック・バウアー
MATTHEWS Michael(AUS)マイケル・マシューズ
STANNARD Robert(AUS)ロバート・スタナード

海外UCIコンチネンタルチーム

NIPPO - PROVENCE - PTS CONTI (SUI)

OKA Atsushi(JPN) 岡 篤志
ODA Hijiri(JPN)織田 聖