10月16日(土)18時より行われた「2021デジタルジャパンカップサイクルロードレースうつのみや」は、2周目途中から独走を決めたマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)が優勝。2位に吉岡直哉(チーム右京相模原)、3位に谷順成(那須ブラーゼン)が入り、日本勢がツー・スリーフィニッシュを飾った。

サムズアップしながらゴールするマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)サムズアップしながらゴールするマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)
詳しくは、後程レースリポートでお届けします。

1位 マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス) 46分03秒
2位 吉岡直哉(チーム右京相模原) +22秒
3位 谷順成(那須ブラーゼン) +28秒
4位 ジャック・バウアー(オーストラリア、チーム・バイクエクスチェンジ) +46秒
5位 織田聖(NIPPO・プロヴァンス・PTSコンチ) +49秒